読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小路(こみち)のブログ

趣味の絵やその他日々感じたことを綴っています

切り抜き

ミニマリストのブログを見ていると 

 ”新聞や雑誌の切り抜きは無駄” という意見があった

 私は よく切り抜きをしており 

  カッターは いつも手の届く所にある 

 何かの記事に 切り抜きたいと思ったら 時を置かず

 手で破いてでも切り取るべき とあった

 そうしないと 何処かへ紛れ込んでしまうのだ

 

今 切り抜きは大量にたまり 箱に入り切れないものは 

 紙袋に入れてそのままになっている

 切り抜いた記事を後で読み返したことは あまりない 

 切り抜いた事で安心してしまうのだ

 新聞小説だけは 後でじっくり読み返す事が多いのだが・・・

 

何年か前の切り抜きが紙の色も変わって積み重なっている

  やっぱり 半分は捨てた方がよさそうだ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

後継者

知り合いが浮かぬ顔でいるので 聞いてみると

 行きつけの病院が閉鎖されたので 

 今後 何処の病院へ行けばよいかわからず困っている と言う

 なんでも 院長が高齢で 

 後継ぎもいないので廃業された由。

 「そういえば 院長先生は近頃耳が遠くなられたと感じていた」

  と 知人はいう

  あらたに 何処へ行けばと聞かれても 私も知らない

 

それにしても 後継者不足は 農業 商工業にかぎらず

 高貴な辺りから 

 病院にまで及んできていると 知る

人口が減少しているので 人材の確保も難しいのだろう

 ひとつの集団が生き残れるかどうかは 

 後継者の有無にかかっているようだ

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

ついの 棲家

知人の女性が 郊外の家を売って 

 市内の中心部のマンションに住み替えている

 中心地で盛り場にちかいため 

 住人には そこで働く女性もいるらしい

 知人は 友人から 「貴方のマンションは愛人マンションね」 

 と言われたと苦笑していた

各戸のオーナーは他所に住んでいて部屋を貸している人が多く

  マンションの管理組合の集まりにも 

  参加するひとが少ないそうだ

 

高齢になると 中心街の方が 

  病院 銀行 駅 が近く 便利で住みやすい

  今後はマンション内に 緊急時に頼みになる人を作るように 

  会うたびに言っている

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村