小路(こみち)のブログ

趣味の絵やその他日々感じたことを綴っています

プロローグ

終戦のとき小学2年生でした 

 

 その頃の自分と今の私は、

ほとんど変わっていないと思います 

 

しばらく開けたことのない戸棚を整理した時 

20歳ごろのノートが出てきました  

 

筆跡が今とほとんど変わっていませんでした

 

 成長していないのか 変化しないものなのか 

ノートの字をみながらしばし感慨にひたりました

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

古い小豆

賞味期限が2009年の 小豆を煮てみた

 戸棚の奥に小豆の袋があるのは ずっと気になっていた

 気にはなりながら 何故か 触りたくなく 

 その内 そのうちにと延ばし ついに昨日 袋を開けた

 何度も水を替えながら 一晩水に浸したものを煮た 

 

小一時間煮ても 小豆独特の匂いがしない

 わたしの嗅覚がおとろえたのかと 鼻を近づけるが

 匂いらしいものはなく 

 強いて言えば 木屑を煮たような におい

 食欲をそそる においではない

味はどうかと ひと粒ふた粒 食べてみる

 芯が硬く 壁土を食べているようだ

 

戦中戦後なら 粉に挽いて団子にでもしただろうが

 贅沢になった今は無理

 そもそも10年も放っておいたりしない

 

小豆には申し訳ないが 捨てることにした

 

 

 

 

日本髪

妹と おしゃべりをした

両親は額が広いのに 私たち姉妹は何故ひたいが狭いのか。について・・

妹が言うには 広い額の条件は 眉から髪の生え際までの間が

手の指3本以上 並べておける間隔があること だそうだ

 

 指を額に当ててみる

残念ながら 指2本で生え際だ

「日本髪なら額が狭いほうが似合うと思うよ」

「そうね おでこが広いと日本髪は合わないね」

 

今後 日本髪を結う機会が 二人にあればよいが

 

 

トマト料理

近頃 頭の働きがなめらかで 何でもさっと理解出来るような気がして

 満足していたのだが

 それは錯覚で 覚えるのは速いが 忘れるのはもっとはやいことが

 わかった

 

テレビで トマトの簡単料理をやっていた

 それを 夕飯に 作るつもりでいたが 

 トマト以外の 食材 調味料の種類 手順 などすべて思い出せない

やっと 皿の上に乗っていた白っぽいものが 玉ねぎ と思い出した

 何か赤いもので和えていたようだ

 あれはケチャップか ソースか 

そうだ 講師が ( 違った酸味と酸味の衝突 )と言っていた

 そこで 梅干の実を包丁で叩いていた映像がよみがえった 

そこに行き着くのに30分くらいかかった

 

 調味料に 醤油も入っていたような~ 

 また それぞれの分量は曖昧だ 

 

出来た料理は テレビとは違った味になったと思う